お肌のピンチを救うピンチ肌化粧品I'm PINCH

アフィリエイト提携にあたって

はじめに

Web上での広告の表現の規制は年々厳しくなり、アフィリエイトサイト上の表現に関しても法令(薬機法、景品表示法等)を逸脱した表現を行うことはアフィリエイト運営者(アフィリエイターも含みます。以下、同じです。)、広告主である当社共に大きなリスクとなります。 本マニュアルは、そのリスクを最小限に抑えるためアフィリエイトサイト上や広告における表現の注意点をまとめたものです。 「アイムピンチ」に関してどういう場合が薬機法、景品表示法等の法令違反になるか、違反にならないためにはどうしたらよいかを以下に説明しますので、必ずこれに従ってサイトでのプロモーションをお願いします。
※アフィリエイトサイトにおいて本マニュアルを逸脱した表現を行っていることが発覚した場合、当該提携プログラムの解除対象とさせていただく場合がございますのでご注意ください。
※また、アフィリエイトサイトにおいて本マニュアルを逸脱した表現が行われたことによって、当社が損害を被った場合は、その賠償を求めることがありますのでご注意ください。

薬事法

薬機法では、広告等で、商品の効果・安全性に関する表示について、承認を受けた医薬品でないにもかかわらず、医薬品的効能効果を示すことが禁止されています。

  • アフィリエイトサイトが薬機法に違反していると、そのサイトが使えなくなります。
    SEOで上げていたサイトはそれまでの苦労が水の泡になります。
  • アフィリエイトサイトにおいて薬機法に違反する広告が行われていた場合には、広告主である当社だけでなく、アフィリエイトサイト広告主も刑事訴追を受けたり、行政処分(課徴金)を受けたりします。

ターゲットが抱えている悩み・不安・問題は?

景品表示法は、不当な表示により顧客を誘引し顧客の利益を阻害することを禁じる法律です。

  • アフィリエイトサイト運用者が不当な表示を行った場合、その責任は広告主にまでおよび、広告主が措置命令、課徴金といった行政処分を受けることになります。
  • 景品表示法の観点からは消費者庁が表示を監視しています。近年は、非常に活発に不当表示の取締りが行われており、行政処分の件数も増加しています。
  • 行政処分になった場合、措置命令の場合はその旨が大きく公表され、また課徴金納付命令の場合は莫大な課徴金の支払義務が発生し、社会的にも金銭的にも広告主への被害は非常に大きくなります。

▲ページの先頭へ戻る